本文へスキップ

【喜楽器ガンクドラム】ヒーリング打楽器・和楽器のガンクドラムを開発・製作・販売しています。

よくある質問

■ガンクドラム本体について

Q:専用ケースはありますか?

A:GANK2miniシリーズはございます。▸mini専用ケース
ステンレスシリーズについてはございませんが、代用品としてドラムのスネアケース等が適していると思います。
その際はプチプチや柔らかい布など緩衝剤を入れて本体が動かないように固定してください。




Q:GANK2miniソルフェジオGANKチャクラの違いは?

A:どちらもヒーリング向けに製作したガンクドラムです。
GANK2miniソルフェジオはスピリチュアル(精神的)向きなチャクラ対応なのに対して、
GANKチャクラはフィジカル(肉体的・物理的)向きなチャクラ対応として作りました。

また、GANK2miniソルフェジオは、今ではもう失われてしまった古代の音階のため、ドレミファソラシドの概念がなく、音階として成立しないが、この周波数を聴くだけで、人間に様々な良い効果をもたらしてくれると言われています。
GANKチャクラは音楽の歴史では最も古いピタゴラス音律を使用。
チャクラ対応のドレミファソラシド(CDEFGABC)を使うことにより、ヒーリングタイプでありながら演奏にも向いた一台です。




Q:528HzとA=432Hzの違い

A:528Hzは、ソルフェジオ周波数の中で特に注目を浴びている第3チャクラの音。
理想への変換、奇跡、細胞の回復、愛の周波数とも言われています。

A=432Hzは、音楽にはすべての基準となる音の高さ「基準周波数」があり、
通常はA=440Hz程度で全体を調律するが、少し下げてA=432Hzに調律したものです。
これにより、温かみがあって明るく、聞きやすい音になると言われています。
また、A=432Hzは、宇宙の規則性と数学的に一貫し、覚醒・連帯・命の周波数とも言われています。
▸音色(音階・周波数)指定について




Q:はっきりした納期が知りたいんだけど

A:申し訳ございませんが、注文の段階でははっきりとした納期はお伝えできません。
おおよその予定納期は各商品ページに記載していますが、材料の調達や製作の状況などにより、納期が大幅にずれる場合があります
予定納期の1か月前頃になるとより詳細な納期がわかるかと思いますので、詳しい納期を知りたい場合は予定納期が近づいてきたころにご連絡いただけますようお願いいたします。
(特にご連絡がない場合は完成次第製作者よりご連絡いたします。)




Q:音楽を専門としていない私や、小さな子供でも使えますか

A:いきなりきれいな演奏は難しいけれど、コツを掴めばきれいな音が出せます。
ガンクドラムはとても奥が深く、打面の叩く強さや場所によって音色が微妙に変わってきます。
最初は思い通りの音色は出ないかもしれませんが、練習することにより容易にきれいな音が出せるようになってきます。
初めて触れる方でしたらマレットタイプがオススメです。

小さなお子様がご使用される際は、力加減がわからず強く叩いてしまう場合がありますので、優しく扱うよう心掛けてください。
また、金属製の重量物の為、落下などによるけがなど思わぬ事故の危険性がございます。必ず保護者の責任の下でご使用いただきますようお願いいたします
演奏のコツなど、わからないことがありましたらご購入後でもお気軽にご相談下さい。




Q:録音のコツは?

感度が低いマイク等では、ガンクドラムの余韻よりも金属を叩く音が目立って録音されてしまいがちです。
通常よりも高感度なコンデンサータイプ等のマイクを使用をオススメします。
現在、僕がyoutube等の動画を撮影する際はSHUREのMV88というiphone等に直接差すタイプのものを使用しています。




Q:打面の浮き具合のばらつき

製作の過程で、特殊な加工を施すことによりガンクドラム全体に僅かなひずみが生じため、打面の浮き具合に若干のばらつきが出る場合があります。
この加工は、強度を増したり音色を向上させるためのもので必要不可欠です。
製品としての使用上、音色には問題ありませんのでご安心ください。




Q:音色おまかせってどんな音色になるの?
A:
音色指定(音階・周波数を指定)に対して、お客様ご自身で音色を決めない、製作者にお任せということになります。
製作時に当方で気持ちの良いと考える音色で作る
一般的には定評のある音階を選定することが多いです。



■それでもわからないことがあれば・・・

このページを見ても解決できなかったら、メールにてお問い合わせください。
※返信に時間が掛かる場合があります。